国家資格・公的資格・民間資格はどう違うの?

事務系の資格も含め一般的に資格というと、国家資格や公的資格、民間資格に大きく分けられます。
国家資格というのは、国の法律によって決められた資格で、主に国や都道府県、国から認定された団体によって試験が実施されます。
国家資格には医師や弁護士、税理士など様々な資格がありますが、業務独占資格といって、資格取得が該当する職業に就く必須条件となる資格がほとんどです。
また、公的資格とは国や地方公共団体などが認定し、公共性の高い社団法人などの民間団体が実施する資格のことです。
そして、民間資格というのは、国家資格と違って国の法律では特に決められていない資格で、民間団体や企業などが試験を実施しますが、事務系の資格の大半は、民間資格となっています。
事務系資格取る!仕事に有利なのは?【通信講座スクール人気ランキング】