ニートがキャッシングできるのか?

毎度のことですが、キャッシングの審査を受けるとその度に勤め先に在籍確認の電話がありますが、面倒くさいと思う方が多いと思います。
でも、よく考えてみると顔も知らない見知らぬ他人にお金の融資を快諾してくれる人がいるでしょうか?一般的に極めて稀というか、ありえない事だと思います。
仮に、どんな条件でもお金を貸してくれるとなったら、それはつまり、「普通」じゃないですよね。
カードローンでも同じことが言えますから、審査は必要なものだという事です。
キャッシングは、手軽に利用できるといっても、ニートでも利用出来るというほど簡単ではありません。
ニートには収入が見込めないのでキャッシングを使うことができる条件をクリアしていません。
収入がある人でなければならないので、ニートはキャッシングでお金を借りられる人にあてはまらないという意味です。
キャッシングの規制で最も有名なのは、総量規制というものです。
その人の年収の3分の1の借り入れしかできないという趣旨のものです。
この規制そのものは消費者金融に対するものですから、銀行はこの法律とは別の管轄の法律であるため、適用されることはありません。
また、他社でもう借り入れがあるとトータルで判定されます。

アイフル審査は甘い?審査結果の口コミ!【落ちたらどうする?】