生命保険の色々な使い方とは

生命保険には色々な種類がありますが、必ずしも種類通りに使わなくてもいいのはご存知でしょうか。

例えば、学資保険というものがあります。

子供がある年齢になると学資金を受け取れるという商品です。

例えば、これを貯蓄性のある死亡保険で代用することが出来ます。

もちろん保険料払い込み期間の調整が必要になりますが、返戻利率は普通の学資保険とほとんど変わりません。

メリットとして保険料を支払っている父親に万一の事があった場合、保険料払い込みが不要になるだけでなく、死亡保険金としてさらに大きなお金を受け取る事ができることです。

また、保険料の払い込みさえ終了すれば解約するタイミングは自分で決めることができますので、実際その時の経済状況などに応じて解約しないことも選択することができます。

解約しないでおけば、そのまま解約返戻金は増えていきます。

デメリットとしては、保険料払い込み期間について慎重に決めなければいけないこと、子供の保障をつけたい場合には、向いていない事です。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は家の次に高価な買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして提案される内容を比べる、信頼できる担当者探しをするのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社のすすめる内容をB社に見せると担当者によっては本当に必要な保障まで外して価格面だけを重視して提案してくる可能性があります。

担当者によって考え方は変わりますがA社の提案内容を見せる場合、「この内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料を収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に切り替えてもらうことで収入になります。

そのため、お客様目線で提案してくれるサービスが多く「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」心配事は評判が悪くなるのでほぼ起きないと思って良さそうです。

広告を見て保険無料相談を申し込んでみたけれど、いまいち相談者の要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談サービスを利用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

無料相談サービス内で実績のあるFPや優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、相談者目線でアドバイスをしてくれます。

また、ほとんどの有料相談サービス業者では、FPに対して独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返金する」という点も自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

貯金をしたいと考えて家計簿をつけてみたら貯金する余裕がなかったという方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

最初に思いつくのが食費ですが子供のことを考えると食費はできればそのままにしたいですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

格安SIMに変更することで月額を抑えるという方法です。

それでも家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログなどから感想を見ると現在の保障内容をライフプランなど様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは連絡がマメなところが信頼できたそうなので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

というのも、相談サ―ビス事業者に登録してるFPは相談者が紹介された保険を契約したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も悪評の多いFPとの契約を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われているので、信頼できるFPから納得いくまで説明を受けてから決めましょう。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスをウェブ上で見かけます。

多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを商品贈呈の条件にしている企業が多いです。

そもそも、申し込みを行ったからといって必ずしも面談ができるわけではありません。

特に、中小規模のサービス会社に申し込んだ場合は、FPの登録者数が少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは有料保険相談サービスもあるの?ということです。

結論から言うと存在します。

相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談サービスでは、FPは相談者と面談するだけで報酬は発生せず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって収入の高い保険)を勧めてくる人が中にはいるそうです。

逆に、相談料が必要な場合、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

よくネット広告などで見る保険無料相談サーブ¥ビスですがなぜ無料で行えるのでしょうか?その答えは、相談者が保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者にとっては、様々なメリットがあります。

相談者が加入をした時に初めて収入があるということは、契約がなければFPには収入が入らないため、保険を紹介するときにわかりやすく説明するなど、紹介の質を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者の希望に合致していて、紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも自分だけで考えずに気楽に相談してはどうでしょう。

Tポイントやポイントサイトで現金などと交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

付与されるポイントが大きいサービスはあまり有名ではないのが多く本当にポイントがもらえるか信頼しにくいですよね。

多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。

そのため、ポイントのために申し込むことはやめましょう。

世の中には無料なのに続けられているサービスがあります。

そこには何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険を相談者が契約することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

そのため、加入してもらうことが重要なので、生活状況や希望条件に対して無理な保険を勧めることはまず、起きないと考えてもいいです。

相談・今の保障内容の確認自体は無料なので、活用してみてください。

保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと悩んでいる方への解決方法があります。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで完結できるサービスもあります。

そのため、24時間受付をしており、相談に対する返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、説明がわからない、こちらが伝えたいことが担当者に意味が十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接連絡することもできます。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので気楽に相談できそうです。

毎月の出費をできるだけ抑えたい、という気持ちは差に大小はあるでしょうが皆さんも思っているはずです。

保険料金が節約できるかもしれません。

最近、テレビなどのメディアで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ申し込んでみようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なのか相談に行ったら強制的に契約しなきゃいけなさそうで行きにくい。

というイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

安心してください、知識がなくても現在契約中の保険内容の確認だけでも相談可能です。

その場合は、加入中の保険証券などを持っていくとより現在の契約内容がわかりやすくなります。

多くの人が保険を考える時期があります。

例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが加入当時と比べて変わっている項目が多いと思います。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに毎月の保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけで新しい保険へ乗り換えをしなくてもOKなので気楽に利用してみてください。

営業の人の勧めそのままに保険に加入してしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を検討してはどうでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、別の保険の方が今の希望に対して合っているなど相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。

時折ネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という販促方法ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は無料ではなく、FPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

保険は一生のうち家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約させたいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから保険見直し希望者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しをしてもらいたいという考えから始まりました。

引用:【ほけんの窓口】保険の見直しはプロにお任せ!【無料相談】