生命保険の色々な使い方とは

生命保険には色々な種類がありますが、必ずしも種類通りに使わなくてもいいのはご存知でしょうか。
例えば、学資保険というものがあります。
子供がある年齢になると学資金を受け取れるという商品です。
例えば、これを貯蓄性のある死亡保険で代用することが出来ます。
もちろん保険料払い込み期間の調整が必要になりますが、返戻利率は普通の学資保険とほとんど変わりません。
メリットとして保険料を支払っている父親に万一の事があった場合、保険料払い込みが不要になるだけでなく、死亡保険金としてさらに大きなお金を受け取る事ができることです。
また、保険料の払い込みさえ終了すれば解約するタイミングは自分で決めることができますので、実際その時の経済状況などに応じて解約しないことも選択することができます。
解約しないでおけば、そのまま解約返戻金は増えていきます。
デメリットとしては、保険料払い込み期間について慎重に決めなければいけないこと、子供の保障をつけたい場合には、向いていない事です。