フラット35sの審査に通るには?

フラット35sの審査に通る住宅として、維持管理の規定があります。
マンションなどが対象になるのでしょうが、この規定に該当することでフラット35sの審査に通るようになり、有利な住宅ローンを借りることができます。
マンションの多くは、デベロッパーが取引している銀行が住宅ローン契約の取得のチャンスとばかりに営業攻勢をかけることが多いのですが、せっかくこのようなフラット35sの審査に通る住宅を取得しているにもかかわらず、その特典を使わないのはもったいない話です。
管理が楽なマンションは、管理組合の手間がかからないので管理費が少なくなりますし、そのようなマンションは将来売却する際の売却価格が高いことが多いです。
単にフラット35sの審査に通るだけがメリットではありません。
住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しい?【審査基準通るには?】